フローリストナイフ

先日の続きになりますが、
デモを見に行くと、いつも気づきやヒントがあります♪

日々の仕事を繰り返していると、わかっているつもりでも忘れている事があるんですよね。
「あ~そうだった!!
 その手があったな、、、」
なんてね001.gif

また、結果を出している人の言葉は共感できます。

「ひと手間かけることが大切だけど、時間をかけすぎては商品にならない」

作成時間がかかるという事は、最終的には価格に反映されますから(笑)
私達、職人であり、お客様に喜んでもらえてなんぼの商人です。
出来るだけ安くて良いものを提供したい!!

というわけで、少しでも花を早く挿すための私達の道具の紹介です。
それはフローリストナイフと呼ばれる刃物。
b0196913_197466.jpg

b0196913_198045.jpg

b0196913_1981530.jpg

b0196913_19221996.jpg

b0196913_1982465.jpg

ほとんどの花の茎はこれで切ります。
ハサミは使いません。
ナイフで茎をカットしてそのまま(ナイフを握ったまま)花を挿す!!
ハサミだと切って、いちどハサミを置いて、花を持って挿して、またハサミを握って、、、とアクションが多くなるのでその分時間がかかるのです!!026.gif

切り口の断面も広くなるので花の水揚げにも良く、ミセナスタッフはみんな使ってます~~003.gif
そういえば、ベルギーの有名アーティストはオルファ(事務用カッターのアレ)を使ってます。
切れなくなったら折って使うのでいつも切れ味はバッチリだとか!?
[PR]
Commented by at 2011-11-05 00:17 x
僕の持つてる紙切り用のカッターとどこが違ふのだらう?
茶花は生けるけど、カッターで花を切るといふ発想はなかつたなあ。なんとなくオッカナサウ。
Commented by f-misena at 2011-11-06 14:00
シャープな切れで 気持ちよく仕事ができます。
でも ミセナのスタッフには お気をつけください・・・うふふふ(笑い)
by f-misena | 2011-11-04 19:16 | その他 | Comments(2)

花屋で働く個性的なスタッフによるブログです!


by f-misena
プロフィールを見る
画像一覧