西洋オダマキ “ウィンキーダブル”

ちょっと珍しい鉢物のご紹介です!
西洋オダマキ 「ウィンキー・ダブル」

オダマキはキンポウゲ科の植物で
名前の由来は、絹の機織で使った糸巻き「小田巻(苧環)」の形に似ていることから
ついたと言われてます。
この「ウィンキーダブル」は西洋オダマキの品種改良のひとつです。
b0196913_0165021.jpg

西洋オダマキの園芸種には大型のものが多いのですが、これは比較的コンパクトで
草丈30cm前後です。
花がうつむかず、上向きで華やか016.gif
丈夫で地植えでもよく育ち、年々大株になります。
人気のある小花との相性も良く、花も次々に咲いて楽しめます。
b0196913_0171923.jpg

このような花の形は「ボンネット(Bonnet)咲き」と呼ばれています。
ボンネットとはヨーロッパの伝統的な帽子のことで 
おもに18世紀~19世紀ヨーロッパの婦人の帽子をさします。
なるほど、古き良きパリのご婦人方をおもわせますね012.gif
[PR]
by f-misena | 2013-04-08 09:30 | Comments(0)

花屋で働く個性的なスタッフによるブログです!


by f-misena
プロフィールを見る
画像一覧