青いバラ

先日のご婚礼のお二人のご希望は
“ アプローズ ”
サントリーが開発した世界で初の “ 青いバラ ”
b0196913_1126923.jpg

もともとバラには青い色素を作る遺伝子がないことから、
“ この世に存在しないもの ” の代表とされてきました。
10年以上の歳月をかけて、研究を重ね、
挫折を繰り返し続けてきた方々の努力にふさわしいその名は
“ Applause ”   喝采を意味します。

花言葉は “ 夢、かなう ”

新婦はこのバラを入れた特別なプルズ用のブーケを用意し、
さらに このブーケを引き当てられなかった友人たちにも
一本ずつプレゼントしたいとのことでした。

一本でもとても高価なので、たくさん使うことはできなかったため、
ご自分のブーケにはこのバラを入れなくていいと、おっしゃっていましたが、
新郎が、せっかくだからあなたのブーケにも入れてほしい、と
新婦を思いやる気持ちが微笑ましいお打ち合わせでした。
b0196913_11222449.jpg

一本ずつのアプローズは黒い高級なボックスに入れ、
司会者の花言葉の説明と共にサプライズで渡されました。
大変よろこばれたようで、スタッフの方たちも少し興奮気味でその話をしてくれました。
b0196913_11224332.jpg

新婦が持ったブーケは押し花として、末永く二人の元に飾られます。

この素敵な演出のお手伝いが出来たことを貴重な体験として、
私も深く記憶に刻みました。
お開きの後、ご挨拶をさせていただいたのですが、
私だけ?おもわずウルッときてしまい、お恥ずかしい限りです。

奇跡の青いバラ・・・
このような夢のようで、ロマンチックな演出ですが、
実は・・・このお二人 理系のご出身で、このバラが発表されたときに、
最先端のバイオテクノロジーを使った開発に、ご友人たちと話題になったそうです。

「少し紫なんですよね?わかっています。」

冷静に、新婦はご注文の時おっしゃっていました。
研究者たちの大きな夢とたゆまぬ長年の努力にその魅力を感じたのではないでしょうか。
新婦は、一番 青いバラの似合う クールな方でした。

                                                記・e.s
[PR]
by f-misena | 2014-10-14 10:01 | ブーケ | Comments(0)

花屋で働く個性的なスタッフによるブログです!


by f-misena
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る